職場体験実習

中学2年生は職場体験実習がある。

その年によって日数にちがいがあるようで
ちょっと昔は1日のみ。
実習というよりは、見学の色合いが濃かったよう。

長男のときは、何を血迷ったのか5日間。
いっしょに働いていたパートの方から
「私達でも毎日はキツイのに。大変ねぇ。」と同情される始末。
持参のお弁当を食べる場所がなく、イスもない倉庫の片隅でかき込み
毎日、6時間労働。
掃除あり、陳列あり、接客ありのコンビニエンスストア。
しっかと社会勉強させてもらえた。


さて、次男。
どうしたものか。
そんなハードなことが続くわけもなく心配。
とりあえず、主治医に相談してみた。

次男の場合。
職場選びのポイントは
・接客がないこと。
・スピードを求められる仕事がないこと。
民間より公務員…。
なるほどね。

で、皆さんどんな職場へ?と聞くと
介護施設へ行く子が多いとか…
うーむ。お年寄り相手でペースがゆっくりでいいとはいえ
人間相手ではないか?!
ちょっとというか、かなり疑問。

図書館もいいよ。と。なるほどね。

そんな情報を参考に学校に問い合わせてみた。
すると、今年は特別支援教室の子たちだけをまとまってみてくださる職場があるとのこと。
どうされます?って。
お願いするに決まってます!!

それは科学館でした。
幼い頃から何度も足を運んだことがある場所なので願ったりかなったり。
おまけに、主な仕事内容がちょっとした淡水魚の鑑賞スペースがあるのだが
その水槽のお掃除らしい。
お魚好きの次男には、これまた願ったりかなったり。

お弁当持ちで3日間。
知っている場所とは言え、知らない人を介して労働するわけだから
どんなに気疲れして帰ってくるかと母やや心配。

ところがところが、
親の心配をよそに、生き生きとすごした3日間だったのでした。

その理由。
◆授業がなかったから。
◆宿題がなかったから。
◆お魚が見れたから。


次男にとっては、ふだんの学校疲れが癒せた貴重な3日間だったようです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック