姿勢保持のむずかしさ … 腹筋運動

次男が学校で疲れてしまうのは
感覚過敏があるからというのもそうだけど
もうひとつ、姿勢保持のむずかしさもあるよう。

ずっと同じ姿勢でいると疲れる。
とくに座っていることに疲れるらしく
それならば、立っているほうがマシというくらい。
母は、何時間でも座り続けられるから共感してあげられない。
でもって、ずっと立っていると腰が痛くなってしまうので
これまた気持ちがわかんない。


まぁ、そんな状態なので
この先の進路選択のこともあるし
「腹筋をやって。 んー、毎日10回。」と言われた。

10回なんてチョロイだろうけど、毎日続けることが大切かな。
次男に告げると
「やだ。」と即答していた。

でも、やったほうがいいわけで、
優越感くすぐり作戦を使うことにした。
母が必死に10回腹筋する姿を見せるのだ。
足を押さえてもらおうか。

腹筋運動は結構、苦もなくやれてたのだが
このところ、生活の端々で老いを感じざるを得ないことが多いので
や~な予感がしていたのは確か。

足なんぞ押さえてもらわなくても出来ていた腹筋だが
「押さえて~」と頼んでみた。
ぶつぶつ言いながら応じてくれた。

や、ヤバイ!! 本当に押さえ無しでは起き上がれない!!
しかも、1回目から必死の形相になってしまう。
10回の腹筋に歯を食いしばっている自分がいた…
あーーー、老いがーーー。

打ちひしがれている場合ではない。
早速、「さあ、交代!!」と次男に声をかけた。
かかった
にやにやしながら、さっさと腹筋をこなす次男がいた。
OK。


これは、次男のためじゃなく自分のためになりそうだ…

次男にお付き合い願おう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック